ミニマリストに逆張りするブログ

ブログ名にも逆張りして、物を減らしました。しばらく本の話をします

本の読みたい部分を確実に読む方法

どうも。ギャクバリです。

 

前回は、「何故、せっかく手に入れた本を読まないことになるのか」という理由とその対策について話しました。

 

今回は、もう少し踏み込んで、本の読みたい部分を確実に読みつつ、残りのページも読んでしまう方法について書きます。

(1)目次で興味を惹かれた部分から読む

本を読むことに壁を感じている方の多くは、「本とは、最初から最後まで、じっくり丁寧に読むものだ」と無意識に考えているような気がします。

 

勿論、本を最初から丁寧に読んでいくことは素敵なことなのですが、

この読み方だと場合によっては、「本のタイトルを見て、自分が頭の中に思い描いた、本当に知りたいと思ったことが書かれた箇所」まで辿り着けずに挫折してしまう危険性があります。

 

そうなると、「本は、役立つなあ!」とか、「読書は何て面白いんだ!」という経験にならず、

「やっぱり本って小難しくてよく分からないな」という印象になってしまいかねません。

 

この危険性を回避する方法は、ズバリ、本屋か図書館で、「最初に目次を見て、気になった目次の部分から読む」です。

 

「えっ!そんなことしていいの!?」と思われた方、構いません。

 

残念ながら小説には使えない方法ですが、他の本なら基本的にどの本でも使える方法です。

 

実際に試してみましょう。

自宅にあった『読みたいことを、書けばいい。―人生が変わるシンプルな文章術』という本を使用させていただきます。

また、そのままページ全てを載せてしまうのも憚られるので、関係のない部分はぼかしを入れます。

f:id:minimalist_gyakubari:20200613103505p:plain

『読みたいことを、書けばいい。―人生が変わるシンプルな文章術』p.10 田中泰延著より引用

この本を買った当時、私は確か転職のために履歴書を書こうとしていたので、

この目次の中で一番気になったのは、上の画像の一番左にある「履歴書の書き方」でした。

 

なので、ページ数を確認して、p.116から読み始めます。

 

そして、ここからが肝心なことですが、

「気になった部分を読んで、とても面白いと思った」

「最初のページから、この著者の文章を読みたいと思った」

「気になった項目の部分だけ読むつもりが、いつの間にか、その先まで読み進めていた」

というようなことが当てはまれば、おめでとうございます。

 

その本は、貴方にピッタリの本なので、

最初のページに戻って、3分の1くらい読んで、本への気持ちをさらに高めた後、

本を手に入れて、本屋か図書館を後にしましょう。

 

逆に、目次を見て気になった部分を読んでもピンと来なかったら、買わずに本棚に戻しても大丈夫です。他の、貴方が本当に求めている本を探せばいいだけです。

(2)本屋で3分の1を読んだら、帰宅までにもう3分の1を読んでしまう

本屋で3分の1くらい本を読んでしまったら、帰宅するまでに、もう1つすると良いことがあります。

 

それは、「帰宅までに、もう3分の1くらい読んでしまう」ことです。

 

自宅で本が読みにくいのは、「本を読むよりも他にしたいことや、家事等のすべきことが沢山あるから」ということが、大きな原因の一つだと私は考えています。

手に入れた本が魅力的でも、それ以上の誘惑や任務が自宅には待ち受けています。

 

そのため、解決策としては、飲食店、喫茶店、電車や地下鉄の待ち時間、電車やバスの中、駐車している車の中(バス停の待ち時間はお勧めしません。私は1回それで、ベンチに置いていたカバンを持って行かれたことがあるので)、

どこでもいいので、自宅に辿り着く前に、もう3分の1くらい読み進めておくと、帰宅した後にちょこちょこっと読むだけで済みます。

 

「家に帰ったら100%読まない」という確信のある方は、帰宅までに全部読んでしまっても構いません。

 

ただ、家でゆっくり読むのも乙なものなので、3分の1くらいは自宅で読んでもいいかなという気もします。

 

ちなみに、私がよく使う手は、

①昼食(夕食)前に本屋に行って、本屋で本を3分の1くらい読み、

②その本を買って、昼食(夕食)をどこかの店に入って、料理が出て来るのを待っている間にもう3分の1くらい読み、

移動中や移動の待ち時間にほぼ最後まで読んでしまい、

④帰宅してから面白かった部分をもう一回読んで本棚に仕舞う、

という方法です。

 

参考になる部分があれば幸いです。

 

 

以上になります。「目次から読む」という手法は、皆当たり前にしていることだと思っていたのですが、

周りの人の話を聴いていると、意外と「帯を見て、中身を見ずに買う」等ということもあるようだったので、

今回は、「目次から読む方法もある」という話について書きました。

 

恐らく、目次を読んだ方が、「想像していた本と違った」ということが減ると思います。

 

次回は、閑話休題で、本とは全く関係のない話ですが、

自粛期間中に体重が2kg増えて、この2週間で2kg戻した話を書きます。