書きつくし!

書き尽くそうと思います

1年ぶりに漫画を買ってしまった話

どうも。約1年以上前に、自宅にあった漫画を全部捨ててしまったギャクバリです。

本棚1つ埋まるくらい持っていたので、(実家を除く)自宅には200冊以上あったと思います。


今回は、そんな「もう買わない」と言っていた漫画を、また買った話をします。

(1)ピッコマで続きを読みたくなる→『小説家になろう』にある原作で続きを読む→面白かったので漫画本を買う

皆様は「ピッコマ」というアプリをご存知でしょうか。

 

時々、インターネット上の広告に漫画の一部が載せられていたり、

youtubeの広告でも同様に、面白げに漫画を紹介しているアプリですね。

 

そのアプリをスマートフォンにインストールすれば、

漫画を何十話分かまでは無料で読めるようになるという仕組みになっています。

 

基本的に興味のない広告は飛ばすようにしているのですが、

漫画系の広告に関しては「続きが気になる面白そうな漫画だな」と、広告を最後まで飛ばさずに見ていました。

 

それで、どの漫画の広告を見たときだったか忘れましたが、

まんまと……、ついうっかり……、漫画の続きが気になってアプリをインストールしたというわけです。

 

その「ピッコマ」は、基本的に1つの漫画につき、1日1話無料で見ることができるような仕組みになっているのですが(漫画の最初だけ、4話くらい一気に読める)、

いくつかの漫画の続きの“内容”だけは、無料で一気に読むことができる裏技が存在します。

 

何かというと、「小説家になろう」という、小説投稿&閲覧サイトの小説を漫画化(=コミカライズ)した作品だった場合、

元の「小説家になろう」で作品を探せば、小説の方で、漫画の続きの内容を無料で読めるということです。

 

それで、薬屋のひとりごとという漫画をピッコマで読んだ後に、

「これは確か『小説家になろう』にあった作品だな」と思い、

本家本元の「小説家になろう」の方で、200話以上あった続きを一気読みしたのでした。

 

ここで、「無料で全部読めて良かったね。おしまい」となれば良かったのですが、

久しぶりに「読んで面白かった」だけでなく、「漫画の形でも再度読みたい」と思うくらい興味を持ってしまい、

しかも、ピッコマで買うよりも、本屋で原本を買った方が幾分安いようだったので……。

f:id:minimalist_gyakubari:20201021203545p:plain

買ってしまいました。

しかも、『薬屋のひとりごと』(画像の上段)と、

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』(画像の中段と下段)の両方。

(2)「小説家になろう」の「推理」カテゴリーランキング1位(年間)の作品。古代中国のような場所を舞台にした、薬屋の主人公が、毒や薬の知識を駆使しながら謎解きする話

この『薬屋のひとりごと』という話は、古代中国のような国を舞台とした話で、

元々は花街の薬屋であった主人公の猫猫(マオマオ)が、

毒や薬の知識を駆使しながら、謎解きをしたり危機を乗り越えたりする話です。

 

登場人物に関する伏線が沢山散りばめられていて、

読者の方でもあれこれ考えながら読み進めていけるところが個人的に気に入っています。

 

私が、物語全体に「大きな謎」が隠されている話が好きなので、

そういう伏線回収していくような話が好きな方には合った作品だと思います。

 

小説家になろう」という小説投稿サイトの「推理カテゴリー」ランキングで年間1位を獲得しているだけあって、話自体もしっかりしていますね。

 

恐らく、いつかアニメ化もするような作品なんじゃないかなと私は睨んでいます。

 

そして、漫画が2種類あることについて、どちらを読めばいいかという話ですが、

これはもう絵柄と、漫画としての見せ方の好みの問題だと思います。

 

ただ、個人的な見解としては、

薬屋のひとりごと』の方が、キャラクターの顔のバランス(?)がしっかりしていて絵柄に華があり、

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』の方が、絵柄が素直(素朴)で、原作の伏線(重要な部分)を分かりやすく強調して書いていて、漫画としても面白いという印象です(勿論、『薬屋のひとりごと』の方も漫画として面白いですが)。

 

巻数が進んでいるということもあり、私は『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』の方がどちらかというと好きですが、

ピッコマか何かで試し読みしてから好きな方を選ぶのが一番確実かと思います。

 

というわけで「#わたしのおすすめマンガ2020」が、『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』(または『薬屋のひとりごと』)だという話でした。

タグを付けるのも、このブログで、はてなのお題に乗っかるのも初めてな気がしますが、

ちょうど書きたい内容と一致していたので書いてみました。

 

 

以上になります。「もう漫画は買わない」ようなことを1年前に書いた気がするのですが、何だかんだでまた買ってしまいましたね。

 

次回は、「自宅であった怖い話」について書きます。

霊感ゼロなので、霊を見たこともなければ、積極的に否定はしないものの、信じているわけでもないのですが、昨晩不可解なことがあったのでその話をします。

さよなら私の1000時間

どうも。テレビゲームの代わりに、ブラウザゲーム(=パソコンのブラウザ上でできるゲーム)はいくつか手を出したことがあるギャクバリです。

 

今回は、ダウンロードしてパソコンでできるオンラインゲーム陰陽師本格幻想RPGというゲームのデータが全て消えてしまったので、アンインストールした話をします。

(1)1000時間以上費やしたゲームのデータが吹っ飛ぶ

それは、1週間前くらいのことでした。

 

最近ログインしていなかったので、久しぶりに『陰陽師本格幻想RPG』というゲームをしようかなとしたところ、

ゲーム開始までにやけに時間がかかるなと思いつつ待った後に、

ゲームのホーム画面を見たら、

「(陰陽師)レベルが1」になっていました。

 

「えっ」と思いつつ、ログインし直しても変わらず。

何と、今まで積み上げていたデータが全部消えていたのでした。

 

「ちょっと待てよ……。このゲーム、1000時間以上プレイしていたのに……(下の画像参照)」

f:id:minimalist_gyakubari:20201018191046p:plain

頭を抱え込みたくなったものの、一方で、

 

「最近、このゲームからご無沙汰していたし、もういっそのことアンインストールするか!」

 

と、謎の思い切りの良さを発揮し、サッとアンインストールしてしまいました。

 

ここ最近捨てたものの中で、一番大きなものだったように思います。

課金していなかったのが唯一の救いでしょうか。

(2)チートキャラをチートキャラで殴る。映像も美しく、無駄なクリックもせずに済み、戦い方で勝敗の変わる楽しいゲームだった

この『陰陽師幻想RPG』というゲームは、

一言で言うと「チートキャラ(=あり得ない能力を持った強すぎるキャラ)を、同じくチートキャラでぶん殴るゲーム」という印象でした。

 

「倒されてしまった味方1体を完全回復させてしまうキャラ(=日和坊)」やら、

「敵が攻撃する前に、必ず先制でダメージを与えられるキャラ(=彼岸花)」やら、

振り返ってみても色々とやりたい放題だったなと思います。

 

そして、一つとして同じ技を持ったキャラがおらず、

そのキャラ固有の3つの技を駆使して、相手キャラを倒さなくてはいけないので、

考える要素が大きく、なかなか楽しいゲームでした。

 

特に、今まで私がプレイしたことのあるブラウザゲームと比べて一番良かったと思うのは、

戦闘を進めるのに無駄なクリックをしなくて済むところです。

ストレスなくゲームできるのが凄いなと思っていました。

 

戦闘シーンもよくできていて、映像も綺麗でしたしね。

 

不慮の事故でアンインストールせざるを得なかったのは残念でしたが、

パソコンでDLしてするゲームとしては十分楽しめるゲームだと思います。

機会があればどうぞ。

 

 

以上になります。前々から「オンラインゲームはサービスが終了してしまったら何も残らないからなあ」とは思っていましたが、

サービス終了しなくても「自分のデータが消えるパターン」もあったかあと、インターネット上のデータの儚さに思いを馳せています。

 

ゲーム制作会社に問い合わせても良かったのですが、大元が中国なので日本語で上手くやりとりできるか不安があり、面倒だったので諦めました。

 

さて、次回は、もう買わないと言っていたある物を1年ぶりに買った話をします。

甘い物を食べたいだけのときは駄菓子を買うのも悪くない

どうも。この前の金土日にネット小説を寝食を忘れて一気読みし、体重を2kg失ったギャクバリです。

薬屋のひとりごと』という、『小説家になろう』という、小説を投稿できるインターネットサイトの「推理」カテゴリー枠の話だったのですが、面白かったです。

消えた体重はまたすぐ戻ると思います。

本当は土日にブログを書こうと思っていたのですが、そういうわけで書く暇がありませんでした。

 

今回は、「甘い物でも何でも、ちょっと食べたいだけのときは駄菓子という選択肢も悪くない」と思った話をします。

(1)過去にタイムスリップしたかのような価格設定

子どもの頃に、駄菓子屋さんで駄菓子を買ったときにわくわくした記憶はあるのですが、

大人になってからは、すっかり駄菓子の存在を忘れていました。

 

ですが、先日ふと、スーパーのお菓子コーナーの一角に目を向けたところ、駄菓子コーナーがあることに気づきました。

 

後から、他の店に行ったときも探してみて分かったのですが、スーパーやコンビニ、ドラッグストアのようなところでも、駄菓子を置いてあるところが結構あるのですね。

 

それで、ここからが本題なのですが、目に付いたのがその値段です。

 

お菓子なのに、消費税込みで二桁!?

 

子どものときの純粋な(?)気持ちは消え失せてしまっていたのか、昔のような駄菓子を見たときのわくわく感はなかったのですが、

値段に関しては、驚きを持ってまじまじと見てしまいました。

 

うまい棒10円(税抜?)とか、ココアシガレット税込30円等、下手すると50円以下の駄菓子もちらほらあって、

「ここは消費税増税前の世界か?」と、過去にタイムスリップしたような気分でした。

f:id:minimalist_gyakubari:20201013233341p:plain

駄菓子

グリコが駄菓子枠に入るのかは自信がないのですが、100円未満で売られていたので、勝手にここでは駄菓子枠に入れさせてもらっています。

(2)甘い物を食べたいだけなら駄菓子の量でむしろ丁度いい

そうなると、気になるのは量ですが、

そもそも甘い物を食べたいときというのは、一口目が重要であって、

2個3個と量が増える度に蛇足というのか、惰性で食べているようなところがあるように思います。

 

なので、むしろ、駄菓子くらいの量だと、ちょうど満足したときに食べ終われて丁度いいなという気がしました。

 

私の場合、目の前に残っていると食べたくなるのですが、

なければ「終わりか」と食べなくて済むので、そういう意味でも良かったです。

 

味は、好きな味のものを買えば、不満ということもないように思います。

 

勿論、普通のお菓子で食べたいものがあるときは、そちらを買った方がよいでしょうが、

単純に「何か間食したい」というだけのときは、安くて量も手ごろな駄菓子という選択肢もあるなあと思ったという話でした。

 

 

以上になります。

「駄菓子って存在を忘れていた」という方も多いのではないかと思いますが、

お菓子を買うときには、駄菓子コーナーも覗いてみると意外な発見があるかもしれません。

 

次回は、以前ブログで1回紹介したことのある『陰陽師幻想RPG』という、

私が1000時間以上時間を費やしたゲームのデータが消えて真っさらになってしまうという悲しい事件が起こり、

思い切ってゲーム自体をアンインストールした話をします。

『紅蓮華(鬼滅の刃OP曲)』のサビ部分をバイオリンで演奏してみた(演奏音源のみ有)

どうも。ギャクバリです。

 

かなり久しぶりに弾いてみたシリーズ第2弾は、鬼滅の刃のオープニング曲だった『紅蓮華(ぐれんげ)』のサビ部分の演奏です。

 

1分半弱の演奏になるので、以下の文章は、よろしければ聞きながらでもご覧ください(一番左の三角マークを押すと演奏開始です)。

作詞:LiSA / 作曲:草野華余子 / 編曲:江口亮

※↑音源の演奏:ギャクバリ

(1)歌について:2番のサビ部分の歌詞にじんと来る

今回、自分でも弾いてみたいと思った一番のきっかけは「歌詞」にあります。

 

2番のサビ部分に、

簡単に片づけられた 守れなかった夢も

紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる

 という部分があるのですが、聴いたときに、鳥肌がぶわっと来て、凄く心動かされました。

 

「これまで生きて来た中で、選ばなかったもの、選べなかったものも、全て自分の中にある」ということが、壮大に描かれているなあと思います。

 

そのため、演奏も、一番の歌詞ではなく、途中から二番の歌詞のつもりで弾いています。

 

また、歌っていらっしゃるLiSAさんの歌い方もいいんですよね。

下の動画は、一発撮りというコンセプトで歌っていらっしゃるのですが、

この歌い方だから、より響くというところはあると思います(歌い始めは0:58から)。

www.youtube.com

(2)演奏について:ある程度は音に感情を乗せられたと思う

 今回の曲については、ある程度、音に感情を乗せられたように個人的には思っています。

それがそのまま、聞いてくださった方に伝えられているかどうかはまた別の話ですが。

音程も半音以上間違えているような部分はないと思います(当たり前である)。

 

反省点としては、私がリズム感がなくて、気を抜くと、どんどんテンポが速くなってしまう癖があり(ちなみに、喋るときも同じです)、

速さを抑えてゆっくり弾こうとしたら、間延びしたようなテンポになってしまったところでしょうか。

 

逆に、気に入っているところは、最後の間奏(伴奏)のところの

「ちゃーらーちゃーらー“ちゃちゃちゃちゃ”」の

“ちゃちゃちゃちゃ”の部分の和音(=音を2つ同時に鳴らすこと)の音の組み合わせを独自に考えたところですね。

 

ここの部分の表現の仕方(音の選び方等)が、演奏する方々それぞれで違っているのが面白いなと感じています(ピアノでもバイオリンでも)。

 

 

以上になります。次に弾くときは、一口サビメドレー(3分以内で収まる)みたいなものを弾いてみたいです。今考えているのは、King Gnuとかですね。

 

次回は、「ちょっと甘い物が食べたいときは、普通のお菓子でなくて駄菓子を買うのもいいな」と思った話をします。小話(こばなし)のようなものです。

お祝いしたい相手に合わせた「出産祝い」のメッセージの書き方(※条件を満たす必要あり)

どうも。ギャクバリです。

 

先日、友人に送る出産祝いのメッセージを考えていたときに、

「何か、気の利いた感じで、コピペじゃなくて、”あなた向けに考えましたよ”というメッセージにできないかな」と考えていたところ、

名案(?)が浮かんだので、今回はその話をします。

 

ただし、このメッセージの文は、適応できる条件が限られてくるので、予めご了承ください。

(1)「赤ちゃんの名前」を活かしたメッセージにして「オリジナル」の文にする

お祝いのメッセージに、「赤ちゃんの名前」に関連した文を入れ込むと、

メッセージを受け取った相手も「あっ、自分と赤ちゃんに向けて文章を考えてくれたんだ」と感じるのではないかというのが、今回私が思いついたことになります。

 

例を挙げてみましょう。

 

「光彦くん」とか「光輝くん」のように、名前に「光」や「輝く」という漢字の入った名前の赤ちゃんだったとします。

 

その場合なら、

○くんと一緒なら、これから先、うれしいことも楽しいことも、よりいっそう輝くんだろうね」

というように、名前の「光」に合わせて、「輝く」という言葉を使うということです。

 

「輝く」だけでなく、「照らす」等も良いと思います。

 

また、「愛花(または愛華)ちゃん」や「撫子(なでしこ)ちゃん」「さくらちゃん」のように、名前に「花」に関連する文字が入っていたとします。

 

その場合は、「花」に合わせて、「咲く」という言葉を使うとよいと思います。

 

例えば、

「○ちゃんと、(メッセージの相手の名前+敬称)と、旦那さん(または奥さん)で、笑顔咲く家庭を築いていってね(または、築いていかれることでしょう等)」

 というような文章が考えられるかなと思います。

 

以上のように、名前に対応するような言葉、名前から連想されるような言葉を少し足すだけで、

ぐっと、「お祝いする相手に向けたメッセージ」である感じが増すのではないでしょうか。

 

「赤ちゃんの名前」は、お祝いする相手が心をこめて考えた、家族の将来の希望が一番よく表れているものだと思います。

 

そのため、メッセージも「赤ちゃんの名前に沿った文」にすると、喜んでもらえるのではないかなあという思いつきでした。

 

どの赤ちゃんの名前でも思いつけるものではないかもしれませんが、

赤ちゃんの名前を見て「これだ!」と浮かぶ文があれば積極的に取り入れてみるとよいかもしれません。

(2)考えすぎるよりは、適切な時期に送った方がいい

ただし、あまりにもメッセージに凝り過ぎて、メッセージを送る時期(出産から1週間後~1か月の間。例外あり)を逃してしまうのは考えものです。

 

「出産おめでとう!」の一文だけでも、伝わる気持ちがあるはずです。

 

自分の気持ちに素直に、お祝いしてあげるのが一番なのかもしれませんね。

 

 

以上になります。

ここまで書いたのですが、2つ心配事があって、

一つは「ちょっとキザかな?」ということと、

もう一つは「赤ちゃんの名前と文章を掛けていることを、気づいてもらえるかな?」ということです。

 

気づいてもらえたらラッキーくらいに思っておいた方がよいかもしれません。

参考までにどうぞ。

 

さて、次回は、「紅蓮華(鬼滅の刃OP)」のサビ部分をバイオリンで弾いた音声を投稿します。

2番の歌詞で凄く好きな部分があるので弾いてみました。

もう音声自体は録ってあるので、近いうちに投稿できると思います。