書きつくし!

料理・物の処分・音楽・感想・考えを書きつくす

自分で物を減らして効果を検証シリーズ⑮―収納ケース―動画に影響され100均のケースが全98個。下手な100均より種類が多い?

どうも。これまで物を減らして来た中で必要なくなった収納ケースが山ほど出て来ましたが、この時のために取っておいたギャクバリです。

 

検証シリーズ15回目となる今回は、収納ケース、収納ボックスについて、必要な物は残し、不要な物は処分します。

(1)驚愕の98個。何故こんなに買ったのだろうか

早速ですが、家中にあった100均の収納ケースがこちら(左下の茶色いケースのみ100均ではないです)。

f:id:minimalist_gyakubari:20190903142500j:plain

主に100均の収納ケースを処分する前

上記の画像に加えて、画像右上にある黒い取っ手のついた布製のボックスと同じ物が3つ(本収納用)、調味料用の収納ボックスが3つで、

100均の収納ケースだけでも全部で98個ありました。

 

後は、上記画像の左下茶色ケースが1つ、

服収納用のボックスが5つ(5つの内の1つは本収納のために使っており、もう1つはファイル収納のために使っていました。他3つはスカスカでほとんど入っていない状態)、

お菓子入れ(グッズを入れている)1つ、

ペン立て(元々綿棒が入っていた)1つです。

 

そのため、色々な収納ケースを合計すると106個ですね。

 

正直、自分でも「こんなに持っていたっけ!?」と驚きました。

絶対に多いとは思っていたのですが、100均から98個もケースを買って家に持ち運んでいたかと思うと、呆れを通り越して恐怖さえ覚えます。

一体、私に何が起こったのか経緯を振り返っておきたいと思います。

youtubeで100均の商品紹介動画を見て収納ケースに目覚める

今の家に引っ越す前、そして引っ越してしばらくしてからも、

定位置のない細々とした物は確か机の上か床かに置いていたため、私の部屋はいつも散らかっていました。

 

しかし、何かのきっかけでyoutubeの100均の商品を購入して紹介する動画を見た時に、収納ボックスを紹介していて、

「これがあれば片づけられる!」と思いました。

 

それまでの私は、

「(中身の見えない)収納ボックスに入れると、どこに何があるか分からなくなる」

「物を減らさないと収納ボックスに入れても片づいたことにならない」等という変な思い込みがあり、

まともに収納ボックスを活用していませんでした。

 

結果、部屋が散らかっているという本末転倒な状況だったのですが、

その収納ケース紹介動画を見ていて、

「このフタが無くて、透明な収納ケースなら、どこに何が入れてあるか分からなくなることもないし、まとめて入れておけるから部屋が片づくのでは?」と思い、

早速収納ケースを買って実行してみました。

 

すると、確かに部屋は片づきました。

一見、片づいたようには見えるようになりました。

 

ただ、収納ボックスが部屋のスペースを取っている気もしましたが、

収納ケースを使っていない状態よりは、

「この収納ケースの中には書類を入れる。こっちの収納ケースにはビニール袋を入れる」とした方が、

物を探す時間もかからなくなったと思います。

②成功体験により増えすぎた収納ケース

適度な収納ケースの量の時点で止めておけば良かったのですが、

加減が分からなかったのか、良さそうな収納ケースをあれもこれもと買ってしまったんだと思います。

物を減らした後には、大量に要らない収納ケースが出て来てしまいました。

 

やはり、こんまりさん他の書いている通り、「収納ボックスを買う前にまずは物を捨てた方がいい」は正しいです。

ただし、良さとしては、

「物を減らした状態にする>多い物を収納ボックスに整理する>多い物を床に散らばしておく」だと思います。

 

物を減らせない場合は、収納ボックスをある程度使うとよいのではないでしょうか。

(2)結果:減らした物を収納するのに必要な収納ケースのみ残す

今まで物を減らしてきたので、収納ケースも不必要な物が出て来ました。

 

必要と判断した収納ケースが以下の画像になります。

何を入れるつもりなのか分かりやすいように、入れる予定の物も少し載せています。

f:id:minimalist_gyakubari:20190903153038j:plain

残す収納ケース(主に100均)

画像に載っていない収納ケース5つ(本用3つ、調味料用2つ)と、

衣装用ケースを5つ中1つだけ残すことにしたので、

合計で36個になります。ちょうど70個減ですね。

 

服の収納に関しては、こんなに仕切る必要があるのか検討してもいいかもしれません。

 

 

以上、この記事を書き終わったので、ようやく部屋のスペースを圧迫していた収納ケースを処分できるギャクバリがお送りしました。

 

次回は、大した数はないですが置き物類の厳選をします。