書きつくし!

いつでも今が一番憶えられるときと思い学び直し中

「食器」を引っ越し前に見直して減らす。「ある仕掛け」が役立つ(引っ越し前処分④)

引っ越し前に「食器」を処分します。

今の家に引っ越して来たときに、食器に「ある仕掛け」をしていたのが役立ったので、その話をします。

(1)過去の自分からの置き土産

1年前くらいに、私が今住んでいる家に引っ越して来たとき、

食器にだけは、とある仕掛けを残していました。

 

食器は「割れ物扱い」となるため、引っ越しのときは、プチプチ(気泡緩衝材)のようなもので包むのが一般的です。

 

私も、食器は全てプチプチで包んで段ボールの中に梱包したわけですが、

1年前に現自宅に引っ越して来たときに、

「使った食器だけを開封しよう」ということを思いつきました。

 

そうすれば、「使った食器」と「使っていない食器」が、一目瞭然になるからと軽い気持ちで始めたのですが、

今回、次の引っ越し前に食器を見直すに辺り、思いの外、役立ちました。

 

過去の自分には色々な面で「もっと前から取り組んでおけばいいのに」と思いがちですが、

この「置き土産」に関しては、珍しく「グッジョブ」という気持ちになりました。

(2)減らす前の「食器」

それでは、減らす前の食器と調理器具一覧です。

f:id:minimalist_gyakubari:20210202194454p:plain

プチプチに包まれているのは、1年以上使わなかった食器や調理器具ということになります。

圧倒的に「コップ」が多いです。

 

1年半前に物を厳選したときに、コップは大量に残したからですね。

 

ですが、プチプチの中に残ったままの食器を見て、夢から醒めて現実に引き戻されたような気分になりました。

 

やはり、一目見て「使っていない」と分かる、見た目のインパクトは大きかったです。

 

それで、処分することにした食器や調理器具が、以下になります。

f:id:minimalist_gyakubari:20210202195248j:plain

ほとんどが、プチプチに包まれたままの食器類ですね。

このままゴミ焼却場に持って行けば良かったので、処分も楽でした。

(3)減らした後の「食器」

最終的に、残した食器と調理器具がこちらになります。

f:id:minimalist_gyakubari:20210202195726j:plain

プチプチにくるまれているものの、まだ夢見ているものは調理器具に多いです。

 

「いや、包装していたから存在に気づいていなかっただけで、

『あの調理器具があれば、作っていたんだけどなあ!』と思った調理器具がここにあった!」

と思ったので、新居にも持って行こうと思います。

 

具体的に言うと、手動の泡だて器とゴムベラと、抹茶を立てる泡立て器(茶筅)です。

後は、写真には載せ忘れているのですが、

当然包丁を持っているので、「包丁研ぎ」を迷った末に残しています。

 

写真を見ると、ラーメン皿の内の1つ(画像の左奥)は全く使っていないことが分かるのですが、

実家から譲り受けたものなので勝手に処分するのもどうかと思い残しています。

 

その他の物は、「一人暮らしなら、このくらいが妥当かな」という気がします。

多くもなく少なくもなくといったところでしょうか(個人的な見解)。

 

焦げ付きが残っている白い鍋は、今も使用しているので引っ越し2~3週間前くらいに処分して、

引っ越し先で気に入った新しいものを買おうと考えています。

お店の関係で、引っ越し先で買った方が選択肢が広がると思うからです。

 

 

以上になります。引っ越し先の内見(=見学のこと)はまだ行っていないのですが、

そんなに収納場所が広いとも思えず、このくらいの食器量が丁度よさそうな気がしています。

 

次回は、引っ越し前処分最終回ということで、その他の目ぼしい処分するものについて話します。