書きつくし!

いつでも今が一番憶えられるときと思い学び直し中

押し入れナシの狭い部屋の床スペースを空ける方法

6畳未満の部屋に引っ越してから床が隠れてしまっていたので、

つい最近、どのようにして床のスペースを確保したかという話をします。

部屋を広く使いたい方の参考になれば幸いです。

(1)まずは使えない物を処分

部屋が狭いこと前提の話なので、文句なしの完璧に収納、整理整頓したとしても、

「物が多すぎる」と床のスペースを確保することは厳しいかもしれません。

 

と言っても、大切な物、なくなると不便な物まで捨てなくても何とかなるはずです。

 

私も、引っ越す前に不要な物は処分していたのですが、

気を抜くと「もう絶対に使わない・使えない」という物が増えていました。

 

私の場合、今使っているバッグの前の前に使っていたバッグ、引っ越してから観た映画の3Dメガネ等が家に残ったままになっていました。

 

「これどうかな?また使うかな?」という一瞬の迷いで「保留」にした結果、そのままになっていたのをようやく思いだし、この機会に処分しました。

 

このように、まずは下準備として、「食べ物の包装紙のようなゴミ・壊れてしまった物・絶対に使わないと思う物」を処分しておくと、後の作業が楽になるかと思います。

ただし、「替えの効かない物・思い出の物」等は、人に言われて捨てると後悔する可能性があるので、自分で思い立ったときに慎重に判断するのがよいです。

 

私も、物の種類別に一気に処分したことがあるので、人が物を処分しているのを見るとモチベーションが上がるという方は、こちらのカテゴリーをご覧ください。

(2)元々の配置

ここからが本題になります。

元々の私の部屋の配置は下のようになっていました。

f:id:minimalist_gyakubari:20210915222421p:plain

イスを後ろに下げるスペースしかなく「何か左からの圧迫感があるな」という気がしていました。

 

また、上の図の「黄緑色の矢印」のように移動して洗濯物を干したり、衣装入れから肌着や靴下を取ったりしていたわけですが、

衣装入れから物を取り出すときには「(ポール)ハンガー(=ズボン等の重い物を干す用にしている棒)」を微妙にどかす必要があり、それも不便に感じていました。

 

「洗濯物を外に干せば?」という配置なのですが、

外に干したくない私にとって「洗濯物干し(パラソルハンガー)」と「(ポール)ハンガー」は必要です。

 

そこで、「衣装入れ(※下の画像)」を「クローゼット」に移動させることにしました。

f:id:minimalist_gyakubari:20210915224406p:plain

(3)クローゼットを利用する

ただ、元々「衣装入れ」をクローゼットに入れていなかったのには理由がありました。

「最強の収納場所」と言われている「押し入れ」が部屋に備え付けられていなかったので、

クローゼットに季節外れの布団(今で言うと毛布)を入れていて「衣装入れ」を入れる余裕がなかったからです。

 

しかも、衣装入れ2つをクローゼットに収めようとすると、クローゼットの中にかけている長めのズボンが衣装ケースに当たって曲がってしまっていました。

そういうわけで、仕方なく「衣装入れ」を外に出していました。

 

ですが、「絶対にクローゼットに衣装入れを収納する」と燃えていた結果、名案が浮かび下のように配置しました。

f:id:minimalist_gyakubari:20210915225941p:plain

思いついてしまえば単純なことなのですが、

まず、衣装入れに当たってしまうような長ズボンは、反対側(図で言うと右側)に移動させました。

 

そして、場所を取る布団(※毛布・替えの布団カバー)は、

クリーニングに出した後のビニール袋に入った状態のまま「衣装入れ」と「奥の壁」で挟み込む形で、縦に収納しました。

 

これで、「横に布団を置くことでスペースを使ってしまう」という問題と、

「縦に置こうにも、布団がふにゃふにゃで縦に置けない」という問題が解決しました。

 

その結果、最終的に、部屋の全体配置は今このようになっています。

f:id:minimalist_gyakubari:20210915231712p:plain

自分が普段座っているイスと「洗濯物干し」との間にスペースが生まれたことで圧迫感がなくなり、部屋を今までより広く感じるようになりました。

 

また、クローゼットの中に衣装ケースを収めたことで、服が取り出しやすくなり便利になりましたね。

(4)最後に不要になった収納ケースを処分する

そして、クローゼットの中で場所を取っていたのは、よく見ると「布団」だけではありませんでした。

引っ越す前に広めの部屋に住んでいた名残りで、謎の使い方をしている大きめの収納ケースが3つありました(下画像(以前の物ですが)を参照)。

f:id:minimalist_gyakubari:20210915233811p:plain

1つがカバンを入れている収納ケース、1つが延長コード等を無駄に入れている収納ケース、最後の1つがゴミを入れたゴミ袋を入れている収納ケースでした。

 

カバンは「衣装入れ」の上に置いたので収納ケースは不要、

延長コード等も他のスペースに移動させたので不要、

ゴミの入ったゴミ袋を入れるための収納ケースは、引っ越してからゴミ袋の種類が増えて収まり切らなくなったので不要ということで、

3つまとめて処分しました。

 

引っ越す前の広めの部屋には置く場所があったので大きめの収納ケースがあっても構わなかったのですが、

狭い部屋に大きい収納ケースが何個もあると、それだけで場所を取るので、なるべく増やさない方が良いかもしれません。

逆に、大きい収納ケースを減らせると、かなりスペースを稼げます

ただ、収納ケースがないと部屋が散らかるという場合は、あった方が良いでしょうね。

 

以上になります。最初は「誰かを参考にして床のスペースを増やしたい(自分で考えるのが面倒)」と思っていたのですが、

やはり人それぞれに部屋の広さも形も持っている物も違うので最終的には自分で考えるしかないなということで思い立って配置替えしてみました。

 

そのため、全部が全部そのまま使えるというわけにはいかないかと思いますが、何かしら参考になる部分があれば幸いです。