書きつくし!

書き尽くそうと思います

無限お好み焼き

どうも。たまに思い出したように料理の話をし出すギャクバリです。

 

今回は、無限に作って食べられるお好み焼きを、最近よく作って食べている話をします。長くなる話ではないので、珍しく目次や見出しは付けずに書くことにします。

 

以前、料理に挑戦していたときに、本格的なお好み焼きを作ったことはありました。

そのお好み焼きは非常に美味しかったものの、

山芋をすりおろす等、結構手間がかかって大変で、あのとき以来全く作らず仕舞いでした。

下のページのときですね。

minimalist-gyakubari.hatenablog.com

それが最近、とても簡単でシンプルなお好み焼きの作り方が、私のyoutubeのお薦めに出て来て視聴しました。

 

それで、「この材料でもお好み焼きが作られるのか!」と目から鱗で、早速作って以来、もう3~4回はほぼ連続で毎日作って食べています。

下の動画ですね。

www.youtube.com

上の動画によると、材料は、「薄力粉100~150g、卵1~2個、キャベツお好み(今回は半玉)、肉お好み、めんつゆ20㏄、水100~150、(出来上がった後に、鰹節、青さをかける)」とのことです。

 

私は、「薄力粉100g、水100cc、卵1個、キャベツ1/4以下(1/8くらい)、豚肉3枚くらい、めんつゆ20cc(私の計量カップが50cc以上でないと測れないので、50ccの目盛りの半分くらいという適当な量)」で作っています。

「薄力粉も水も100」と憶えておけば、レシピを確認せずに作られますね。

 

作り方も至って簡単で、

①肉以外を全部ボウルで混ぜる。キャベツも千切り(又は縦横切り)して混ぜる

②豚肉を焼く(冷凍しているので)

③フライパンに油を敷いて(動画では肉の脂で作っている)熱し、ボウルの種をフライパンに全て流し込み、その上に豚肉をのせる(※何かしらの油分がないと、ぐちゃぐちゃになります)

④フライパンのフタをして中火以下で5分焼き、ひっくり返して5分焼く

⑤ソースやマヨネーズ等をお好みでかけて完成!

となっています。

 

材料も少なく、無限に作られるので、私は勝手に「無限お好み焼き」と名付けています。

山芋や天かすは、ないならないでお好み焼きになるんですね。

f:id:minimalist_gyakubari:20200713215511p:plain

無限に作るポイントは「綺麗な丸い形で完成させよう」と思わないことでしょうか。

いつも3等分にして食べています。

 

正直、味は、以前作った作り方の方が美味しく感じるのですが、

毎日でも作られる手軽さでは、こちらの作り方に軍配が上がるかなと思います。

 

お好み焼きを食べたいけど、作るのが面倒…!」という方は、お試しあれ。

 

ただ、私のように、無限に作られるからと毎日作って食べてしまうと、

minimalist-gyakubari.hatenablog.com

こういうことになりかねないのでご注意ください。

今回は、こうなる前に危なそうなことに気づいたので、私も程々にしておきます。

ちなみに、あれから体重は一応キープしています。

 

 

以上になります。お好み焼きは何気に、野菜(キャベツ)、タンパク質(卵・豚肉)、炭水化物(小麦粉)の栄養素を食べられる完全食だなと思いました(3要素が揃っていたら何でも完全食と呼ぶ人)。

 

次回は、今まで書いたことのない絵本のレビューに挑戦してみます。普段のレビューと異なり、絵本らしく、ふわっとした感じで書けたらいいなと思ってはいますが、どうなるかは未定です。