書きつくし!

いつでも今が一番憶えられるときと思い学び直し中

1回目のファイザーワクチンを接種した後に起きた副作用の体験記

職業柄、1回目のファイザーワクチンを接種してきました。

「接種した後の副作用が怖くて、あまり打ちたくない」という方が私を含め多いのではないかと思ったので、今回は、具体的にどういう副作用があったかについて話します。

ただし、あくまでも個人的な体験談であり個人差があるはずなので、参考に留めておいていただけるとありがたいです。

(1)喘息持ちなら逆に受けておいた方がよいと言われる

私は、今年度になって咳喘息がぶり返してしまい、毎日吸入しています。

それで、「喘息の症状が出るような体質で、ワクチンを打っても大丈夫なのだろうか?」という心配がまずありました。

 

ですが、喘息のお医者さんに尋ねたところ、「どちらも呼吸に関わる症状が出るから、新型コロナウィルス感染の症状と、喘息の症状が同時に来たら大変なので、受けられるなら受けた方がいいよ」とのことでした。

 

「確かに」と納得して、接種日を待つこととなりました。

(2)ファイザーワクチンを打った初日の副作用

ワクチン接種の当日、注射を打つ際に袖を上まで上げられるようにTシャツを着て行きます。

接種前の私の体温は36.3度でした。

 

そして、注射を打つお医者さんに対して横を向き、左腕に打ってもらいました。

 

普通の注射と異なり、注射の針を直角に向けて打つ映像を見たことがあったので「痛いんだろうな」と覚悟していましたが、むしろ普通の注射より痛くないと私は感じました。

 

本当は、どのように注射を打っているのか確認しようと思っていたのですが、横目で確認しようとしたときにはもう終わっていたという感じで、あっという間でした。

 

その後、別室で15分、身体の不調が表れないか待つ時間があり、私の場合は、腕が痛くなったり熱っぽくなったりしなかったです。

私の他にも数人待っている人がいましたが、全員、体調不良を訴えずに帰っていましたね。

 

ただ、看護師さんに話を伺ったところ、「私は、寝るときに(注射を打った方の)手を下にすると痛みを感じた」とおっしゃっており、

私の心境としては「今が全く痛みを感じないから想像がつかないな」という感じでした。

それでも、今になって振り返ると、「心なしか左手の方が、少し力が入りにくいかな」と思わなくもなかったです。

一方で、「何か起こると思っているからそう感じただけだろうな」という気のせいの範疇だったようにも思います。

 

そういうわけで、ワクチンを打った昼間は何事もなかったのですが、夕方くらいから「あれっ、何か腕を上げにくいな」という気がしてきました。

よく、「筋肉痛の症状が出る」「腕が上がらなくなる」という感想を聞いていたのですが、「あ、このことかあ!」となりましたね。

 

正確には腕が上がらないわけではないのですが、「無理をして腕を上げたくない。だるい」といった感じでしょうか。

注射を打った左手が、腕立て伏せをしまくった後のような状態になっていて、腕を上げづらいなといったところでした。

 

そして、看護師さんがおっしゃっていた通り、寝るために横になったときに、注射を打った左腕を下にすると、ちょっと痛いなと私も感じました。

幸い、私は右横を向いて寝るタイプなので、あまり困りませんでしたが、「左を向いて寝られない」と思うと、ちょっと左を向きたくなるもので、そこだけ難点でした。

 

ただ、身体全体がだるくなるということはなく、熱は36.7度でした。平熱よりはやや高かったかもしれません。

(3)翌日の副作用

翌日も引き続き、左腕が上げづらい、左手を使いにくい症状が続いていました。

ただ、注射を打ってからちょうど24時間以上経ったくらいから、そこまで左手を上げづらいと感じなくなりました。

もっと言うと、「縦向きには上げやすく、真横には手を上げにくい」という状態が今も続いています。

 

翌日の昼は37.1度になっていましたが、副作用のせいかどうかは分かりません。

 

ですが、身体がだるいということはなかったので、普通に自宅で活動していました(ちなみに今測ったら37.4度でした)。

 

2日間を通して、「注射を打ちたくない」と思う程の副作用は出なかったなという印象です。

「腕立て伏せをし過ぎて、片方の腕が使いづらい状況に2日間なったような状態」という説明が、一番しっくり来るような気がします。

 

(2021/8/8追記)

注射してからちょうど48時間(2日間。日にちは3日目)くらいで、腕が横にも上げやすくなりました。

熱も36.9度とやや下がっています。

(4)2回目接種に向けての教訓

以上を踏まえて、ファイザーワクチンを受けてみて次回に活かそうと思ったことなのですが、

腕が上がりにくくなる可能性があるので、注射の前に風呂に入っておいた方がよいと感じたので、2回目のときはそうしようと考えています。

 

また、念のために、簡単にできる食事や、簡単に調理できる材料を買い込んでおいた方がよいかもしれません(実は、食料調達については、1回目の時点で病院に行く道中で気づいて、「しまった」と思いました)。

 

2回目の方が症状が強く出ると聞くので、体調を整えて心してかかりたいです。

ただ、看護師さんがおっしゃっていたのですが、

「副反応が出るということは、それだけ効いているということ」とのことで、そう考えると副作用もポジティブに受け止められそうな気がしました。

 

また、2回目も接種したら報告します。

(2021/8/29追記)

2回目のワクチン接種の体験記です。

minimalist-gyakubari.hatenablog.com