書きつくし!

書き尽くそうと思います

さよなら私の1000時間

どうも。テレビゲームの代わりに、ブラウザゲーム(=パソコンのブラウザ上でできるゲーム)はいくつか手を出したことがあるギャクバリです。

 

今回は、ダウンロードしてパソコンでできるオンラインゲーム陰陽師本格幻想RPGというゲームのデータが全て消えてしまったので、アンインストールした話をします。

(1)1000時間以上費やしたゲームのデータが吹っ飛ぶ

それは、1週間前くらいのことでした。

 

最近ログインしていなかったので、久しぶりに『陰陽師本格幻想RPG』というゲームをしようかなとしたところ、

ゲーム開始までにやけに時間がかかるなと思いつつ待った後に、

ゲームのホーム画面を見たら、

「(陰陽師)レベルが1」になっていました。

 

「えっ」と思いつつ、ログインし直しても変わらず。

何と、今まで積み上げていたデータが全部消えていたのでした。

 

「ちょっと待てよ……。このゲーム、1000時間以上プレイしていたのに……(下の画像参照)」

f:id:minimalist_gyakubari:20201018191046p:plain

頭を抱え込みたくなったものの、一方で、

 

「最近、このゲームからご無沙汰していたし、もういっそのことアンインストールするか!」

 

と、謎の思い切りの良さを発揮し、サッとアンインストールしてしまいました。

 

ここ最近捨てたものの中で、一番大きなものだったように思います。

課金していなかったのが唯一の救いでしょうか。

(2)チートキャラをチートキャラで殴る。映像も美しく、無駄なクリックもせずに済み、戦い方で勝敗の変わる楽しいゲームだった

この『陰陽師幻想RPG』というゲームは、

一言で言うと「チートキャラ(=あり得ない能力を持った強すぎるキャラ)を、同じくチートキャラでぶん殴るゲーム」という印象でした。

 

「倒されてしまった味方1体を完全回復させてしまうキャラ(=日和坊)」やら、

「敵が攻撃する前に、必ず先制でダメージを与えられるキャラ(=彼岸花)」やら、

振り返ってみても色々とやりたい放題だったなと思います。

 

そして、一つとして同じ技を持ったキャラがおらず、

そのキャラ固有の3つの技を駆使して、相手キャラを倒さなくてはいけないので、

考える要素が大きく、なかなか楽しいゲームでした。

 

特に、今まで私がプレイしたことのあるブラウザゲームと比べて一番良かったと思うのは、

戦闘を進めるのに無駄なクリックをしなくて済むところです。

ストレスなくゲームできるのが凄いなと思っていました。

 

戦闘シーンもよくできていて、映像も綺麗でしたしね。

 

不慮の事故でアンインストールせざるを得なかったのは残念でしたが、

パソコンでDLしてするゲームとしては十分楽しめるゲームだと思います。

機会があればどうぞ。

 

 

以上になります。前々から「オンラインゲームはサービスが終了してしまったら何も残らないからなあ」とは思っていましたが、

サービス終了しなくても「自分のデータが消えるパターン」もあったかあと、インターネット上のデータの儚さに思いを馳せています。

 

ゲーム制作会社に問い合わせても良かったのですが、大元が中国なので日本語で上手くやりとりできるか不安があり、面倒だったので諦めました。

 

さて、次回は、もう買わないと言っていたある物を1年ぶりに買った話をします。