書きつくし!

書き尽くそうと思います

『紅蓮華(鬼滅の刃OP曲)』のサビ部分をバイオリンで演奏してみた(演奏音源のみ有)

どうも。ギャクバリです。

 

かなり久しぶりに弾いてみたシリーズ第2弾は、鬼滅の刃のオープニング曲だった『紅蓮華(ぐれんげ)』のサビ部分の演奏です。

 

1分半弱の演奏になるので、以下の文章は、よろしければ聞きながらでもご覧ください(一番左の三角マークを押すと演奏開始です)。

作詞:LiSA / 作曲:草野華余子 / 編曲:江口亮

※↑音源の演奏:ギャクバリ

(1)歌について:2番のサビ部分の歌詞にじんと来る

今回、自分でも弾いてみたいと思った一番のきっかけは「歌詞」にあります。

 

2番のサビ部分に、

簡単に片づけられた 守れなかった夢も

紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる

 という部分があるのですが、聴いたときに、鳥肌がぶわっと来て、凄く心動かされました。

 

「これまで生きて来た中で、選ばなかったもの、選べなかったものも、全て自分の中にある」ということが、壮大に描かれているなあと思います。

 

そのため、演奏も、一番の歌詞ではなく、途中から二番の歌詞のつもりで弾いています。

 

また、歌っていらっしゃるLiSAさんの歌い方もいいんですよね。

下の動画は、一発撮りというコンセプトで歌っていらっしゃるのですが、

この歌い方だから、より響くというところはあると思います(歌い始めは0:58から)。

www.youtube.com

(2)演奏について:ある程度は音に感情を乗せられたと思う

 今回の曲については、ある程度、音に感情を乗せられたように個人的には思っています。

それがそのまま、聞いてくださった方に伝えられているかどうかはまた別の話ですが。

音程も半音以上間違えているような部分はないと思います(当たり前である)。

 

反省点としては、私がリズム感がなくて、気を抜くと、どんどんテンポが速くなってしまう癖があり(ちなみに、喋るときも同じです)、

速さを抑えてゆっくり弾こうとしたら、間延びしたようなテンポになってしまったところでしょうか。

 

逆に、気に入っているところは、最後の間奏(伴奏)のところの

「ちゃーらーちゃーらー“ちゃちゃちゃちゃ”」の

“ちゃちゃちゃちゃ”の部分の和音(=音を2つ同時に鳴らすこと)の音の組み合わせを独自に考えたところですね。

 

ここの部分の表現の仕方(音の選び方等)が、演奏する方々それぞれで違っているのが面白いなと感じています(ピアノでもバイオリンでも)。

 

 

以上になります。次に弾くときは、一口サビメドレー(3分以内で収まる)みたいなものを弾いてみたいです。今考えているのは、King Gnuとかですね。

 

次回は、「ちょっと甘い物が食べたいときは、普通のお菓子でなくて駄菓子を買うのもいいな」と思った話をします。小話(こばなし)のようなものです。