書きつくし!

書き尽くそうと思います

ピアノ弾き語り「ゆゆうた(鈴木悠太)」さんの動画の歴史。「凄さ」を人々に分かる形で見せることに成功し、登録者数100万人突破(紹介2回目)

どうも。今回は、youtubeチャンネル登録者数100万人超えを達成した

「ピアノ、作曲、アレンジ、弾き語り(ピアノを弾きながら歌う)」を得意とする

「ゆゆうた(鈴木悠太)」さんのyoutubeチャンネルの紹介です。

 

youtubeチャンネルを途中から見始めたけど、いつの間にか既に人気になっていた」、

「ピアノという武器で、どうやって登録者数100万人を達成したの?」、

逆に「昔のゆゆうたは知っているけど、今は何してるの?」という方に、少しでも解説ができたらと思います。

 

また、ゆゆうたさんを通して、「自分が凄いことをやってのけていることを、人々にどういう形で見せるかが大切」という話もしたいと思うので、参考になれば幸いです。

(1)初期(原点):曲のアレンジや、元からある有名な文章に、メロディを作ってピアノで弾き語ることで注目される

初期の頃は、ツイッター(文章、画像、動画を投稿できる)やニコニコ動画(動画等を投稿できるサイト)で活動されていました。

 

ほのぼの神社」と呼ばれるニコニコ動画で人気のある曲を、

他の有名な曲と混ぜ合わせてアレンジした曲を投稿しており、

初期の頃から動画の再生数も多く、注目されていたようです。

 

例えば、下の動画のように、「報道STATION(ニュース番組)」の音楽と、「ほのぼの神社」の音楽を掛け合わせた曲等を投稿されています。

美しいメロディです。

 

この時点で注目されていたようですが、ここからさらに、

有名なネタ文章に、ゆゆうたさん自身が作曲し、

ピアノで伴奏を弾きながら歌うことで注目を集めます。

有名な文章にメロディをつけて歌い始めたのは、

この歌(FF外から失礼するゾ~(謝罪))が原点のようですね。

 

上の動画はミスター東大さんと歌っているものです。

最初にこの曲を投稿したバージョンは映像がなかったので、

ゆゆうたさんが弾いているのが分かりやすい上の動画を貼っておきます。

 

後々の活動も、主には、

曲を(即興で)アレンジできる(=つまり、流行りの曲をすぐに弾いて歌うことができる)」

流行りのネタにメロディをつけて、歌いながらピアノで弾くことができる

という2つのことを武器にしていると見てよいかと思います。

 

しかし、ゆゆうたさんの初期の頃は、作曲やピアノが上手いのは当然として、

どちらかと言うと、「扱っているネタが面白い」という「面白さ」に注目されていたような気がします。

 

ですが、ここから、ただ面白いだけでなく、

「この人のピアノと音楽の才能が凄い」と思わせるきっかけがあり、

どんどん新たな客層を取り込んでいくことになります。

(2)中期:視聴者からリクエストのあった曲を生放送で弾いてみせることでさらに人気を集める。そして、専門用語を抜きにした、感覚的な曲解説をすることで「何か凄い」と気づかせ、爆発的に伸びる

 初期の頃は、ひたすら、ある特定の曲やネタをアレンジしまくることで動画投稿を続けていたゆゆうたさんですが、

「即興でピアノを弾ける」ことを武器に、生放送中に視聴者のリクエストコメントを見ながらピアノを弾き始めます。

 

その中で、彼が知らない曲でも、リクエストのあった曲をその場で聴いて、その場で覚えて、その場で弾くということを始めることで、視聴者を楽しませるようになりました。

 

そこで、難曲として知られるゲーム内の楽曲(Megalovaniaという曲)を、生放送中に耳コピ(耳で曲を聴くだけで真似して弾く)することで、

「ネタ曲を弾く人だと思っていたけど、実は凄い人だったんだ」という空気になったように思います。

www.youtube.com上の動画は、後から練習して、動画として投稿されたものです。

 

そして、さらに、

「小難しいこと(コード名等の専門用語)は言わずに、面白おかしく(多分、本人は至って真面目)曲の解説をする」ことで、

「この人、何かよく分からないけど、才能があって、アホ(いい意味で)で、面白くて、凄い人なんだな」ブランディングすることに成功したのではないかと思います。

 

その曲の解説動画が下の動画になりますが、閲覧注意です。

視聴する場合は、一人のときに見るか、イヤホンをつけて見て下さい。

ご本人はごく真面目に曲の解説をしているのだと思いますが、

その表現に性的な要素が含まれるので、苦手な方は、閲覧を控えるようにお願いいたします。

時間がない方は、再生時間4:45から5:55辺りまで見れば、大まかに概要が分かります。

www.youtube.com

上の動画を見られなかった人に解説すると、この「灼熱スイッチ」という曲が、

サビの部分で、普通は「繋ぎに持って来る和音」を、「サビの最初」に持って来ているということを言いたいのだと思います。

 

これらの生放送が広まって、音楽業界の方(オーイシマサヨシさん)と一緒にインタビューを受ける等、活動の幅が広がり始めます。

(3)後期:できることは何でもするようになる。コラボ、楽曲提供、(何故か)写真集、10時間連続演奏。そして、「登録者100万人突破するまでピアノを弾き続ける」生配信中に、登録者100万人達成

それから、現在に至るまで、初期や中期に行っていた活動を継続して行いつつ、

他にも幅広く、オファー(依頼)があれば何でもされています。

 

特筆すべきは、「人間は何時間連続でピアノを弾き続けることができるのか」というyoutubeでの生配信で、

最初は6時間休まず、曲を繋げながら演奏し、徐々に時間を伸ばして行く試みをされていたことでしょうか。

 

かなり身体を張ったことをされていて、最初、6時間連続で休まず演奏された後は、

しばらくの間、右腕の色が変色して、前腕部分がM字型に変形していて「大丈夫かな!?」とハラハラしましたが、

変わらずピアノが弾けているようで何よりです。

 

右腕の色は元に戻られていますが、右前腕の形はどことなくピアノを弾く形に変形されたままのようで、命を賭けているんだなと感じます。

 

私のような凡人からすると、「無茶せず、長く活動を続ける選択肢もあるのに」等と思いはしますが、

ゆゆうたさんとしては、連続演奏最終回(10時間達成)の最後の方で「(達成できるなら)ピアノが弾けなくなってもいい」というようなことをおっしゃっていたので、

違う次元で頑張っているのを見守るのが一番なのだろうなと思います。

 

後、何故か、写真集まで出されていて(結構売れたらしい。2日間で2000冊とのこと)、ラッパーの晋平太さんにラップでツッコミを入れられていますが、

下の動画の、再生時間「4:40-5:04」を見ると、彼が「何でもしよう」としている心情が分かります。私も、「そういう気持ちで活動しているのか」と思いました。

下の動画も、一人のときかイヤホンをつけて見るのが無難と思います。

www.youtube.com

その「ピアノを弾くだけではいずれ飽きられるから、できることは何でもしたい」という姿勢が功を奏したのか、

2020年2月16日、「登録者100万人突破するまでピアノを弾き続ける」生配信中に、97万9000人登録者から開始して、1時間も経たずに100万人達成されていました。

誠に、おめでとうございます。

(4)まとめ:「視聴者に分かりやすい形で自分の武器を見せる」「できることは何でもする」姿勢で100万人突破を達成。自分の見せ方を色々と試すことで、さらなる飛躍ができることを彼から学べる

以上、彼の活動について、参考になりそうな部分をまとめてみると、

「観客に、分かりやすい形で自分の武器で見せることが大切」ということと、

「できることは何でもやってみる」ことが鍵なのかなというように思います。

 

ゆゆうたさんの場合、元々耳コピ(曲を聴いてコピーする)する力を持っていたわけですが、

「そういう力を持っているんだよ」と見せることで初めて、注目されることもあるということですね。

 

また、コラボもオファー(依頼)も新しい試みも何でもすることで、色々な客層を幅広く取り込んでいるところも、彼の強みだと思われます。

 

というわけで、歌やピアノが好きだったり、身体を張っている様を見たかったり、最近の流行を取り入れたかったりする方に、彼のyoutubeチャンネルがお薦めです。

www.youtube.com

 

以上になります。

次回は、音楽系チャンネルの女性と男性のユニットで、「Ratrium / Groovy groove」チャンネルの紹介をします。

彼女らの背景には詳しくなく「にわか」なのですが、泣かされたカバー曲があるので、その動画を紹介したいという動機です。