書きつくし!

書き尽くそうと思います

今ブログに書きたい事(①就職②転職③苦手チャレンジ④田舎と勉強)をリストアップ。実際に書き終わるのはいつか確かめたい

どうも。「したい事」と「しなければならない事」が重なってしまうと、どちらから先にすべきか迷ってどちらも出来なくなることが多いギャクバリです。

 

今回は、「したい事」をリストアップしたいと思います。

 

と言っても、現時点での「したい事」というのは、ブログにあれも書きたい・これも書いておきたいというがほとんどなので、ここで箇条書きにでもしておけば少しは気が晴れるかもしれないと目論んでいます。

したい事:ブログを書くこと

今までも、ネタを思いついてから1か月以上経ってようやく、書く順番が回ってきたネタがちらほらありました。

 

今から箇条書きにする、大きく分けると4つで、計10個のネタが、一体いつ頃、本格的に書かれるのかご覧いただけたらと思います。

実際に書いたら、リンクを貼ってその記事に飛べるようにしましょうか。

 

(1)就職・転職ネタ:父親が話していた面接についての話

①面接官がどういう話をしてきたら受からせるつもりがあるか、面接官の立場からの話

…父「面接官の話の中で、面接官が受からせる気があるかどうか見分けられてるか?」

 私「分からないけど、方法あるの?」

 父「どういう話が出て来たら受からせるつもりかというのはある」

とのこと。割と納得できる話でした。

 

→書きました(2019/12/14)

minimalist-gyakubari.hatenablog.com

 

②言われたことや失敗を活かしているかという話

…父「昔の話を掘り返したくないけど、面接について前に父さんが言ったことを覚えてるか?」

 私「うーん(7年前のことだしなあ。どれのこと?)」

 父「言われたこと(失敗)を思い出せないのは、活かしていないから思い出せないんだぞ」

とのこと。ご丁寧に、再度また3つ言ってくれました!(7年前の話ですよ!?)

別に書きたい話ではないですが、また覚えていないと言われるのも癪なので、思い出せるように書いておきたいと思います。

 

③「アドバイスは逆効果かもしれない。結局はそのままの自分で勝負するしかない」という話

…父「色々言ったけど、言われた本人が本当の意味を理解できていないと逆効果かもしれない。例えて言うと、落語でこういう話がある」

 私「(落語の話まで出て来た…)」

この話を聞いた前日に、ドラマの『まだ結婚できない男』を見ていたので、落語の話が出て来たあたりで「本当に、主人公の桑野さんみたいな人だな!」と思いました。

 

ただ、父の話の中では、最後の話が一番私には響きました。

 

(2)転職について私が思う事についての話

①新しい職場でふんぞり返るのも可笑しいが、低姿勢すぎて「そういう人だ」と思われるのも仕事がやりにくくなる原因になるのではないかという話

…今回辞めることになった職場では、自分をブランド付けるのに失敗したから、仕事がやり辛かったのではないかという振り返りです。

 

「舐められている」というと言い方は悪いですが、本来の仕事以外の仕事を頼まれることが非常に多かったのは、初期の印象で「この人には頼んでいい」という隙を多く見せてしまったかなと考えています。

 

②苦手な仕事を引き受けてしまうと、本来の仕事まで「そのレベルの腕」に見られてしまう危険性があるのではないか。最初から苦手な仕事は頑として引き受けずに、「代わりに、この得意な仕事をします!」という戦略に持ち込んだ方がよいかもという話

…本来の仕事が仮に80できるとして、違う仕事が50くらいしかできなかったとすると「この人ってこのくらいの腕前なのか。大したことないな」と、

本来とは違う仕事の50が基準になってしまって、本来の仕事も「この人は50くらいの腕」と見られることがありはしないかという話です。

 

対策としては、苦手な仕事は「本当に出来ないんです!」と絶対に引き受けず、「代わりに、この仕事は得意なのでこの仕事をします!」と申し出ることですね。

一度引き受けてしまってからでは遅いので、最初が肝心と思います。

そもそも、苦手な仕事をするように頼まれそうな所には就職しない方がいいかもしれません。

 

 

……ん?「転職について私が思う事」は、書きたいことを全部書いてしまったような気がしますね。

 

(3)苦手なことにチャレンジするネタ

①掃除に取り組む

…今、書いている大掃除ネタですね。間に合わなくなりそうなので、写真の量を必要最小限にして、掃除に集中して行きたいです。

今日中に、掃除だけでも全部終わらせたいですね。ブログに書くのは後でも良いので。

 

②○○に取り組む

…掃除の次に、このことにチャレンジしようかなと考えています。お楽しみに?

 

→書きました(2019/11/29)

minimalist-gyakubari.hatenablog.com

(4)研修(講話)・勉強・田舎ネタ

①印象に残る研修(講話)の作り方

 転職活動で「面接官が私の講話を覚えていたことが採用の決め手になった」と書いた時に、

「勤務年数が浅い若造でも(面接官の)印象に残る講話の作り方」というタイトルにして、具体的にどういう風に作ったのかを書こうかと思ったのですが、

未だに出番待ちのまま、先に他のネタを書いている状況ですね。

 

このネタは、既に思いついてから1か月経とうとしているネタの1つですね。

 

②田舎で一人で勉強しても、資格試験に合格する方法

田舎という情報格差を埋める方法と、試験に合格するために必要と思う参考書の種類等について、ずっと前から書こうとしているのですが、こちらも出待ち状態ですね。

 

③田舎出身者が、都会に行ったら真っ先に行くべきたった一つの場所

そうそう。このネタも書きたいと思っていたんでした。すっかり忘れかけていました。

私自身が、田舎出身で、大学が都会で、また田舎に就職したので、

「田舎にずっといると気づかない」「都会にずっといても気づきにくい」

田舎にはなくて都会にはある物について書きたいです。

 

私が田舎出身だからこそ、田舎に住んでいる人には知っておいてもらいたいと思っています。

 

→書きました(2019/11/10)

minimalist-gyakubari.hatenablog.com

 

以上、合計で10個のネタを渋滞させているギャクバリがお送りしました。ここまで、箇条書きのようなネタにお付き合いいただいて誠にありがとうございました。

次の就職先でまともに休日があったら、1日ブログに時間を費やして一気に書いてしまいたいです。

もし、「このネタが先に見たい」というものがありましたら、おっしゃっていただければなるべく先に書きます。

 

それでは、次回はまた大掃除のレポに戻ります。