書きつくし!

書き尽くそうと思います

私が転職しようと思ったきっかけ

どうも。転職活動中、ギャクバリです。今日は、何故転職しようと思ったかという話を書きます。皆さんは私のようにならないよう、就職や転職について考える材料にしてもらえれば幸いです。

深く考えずに新卒カードを切る。そして5年間超絶ホワイト会社に勤める

こうやってブログだとベラベラ書いている私ですが、面接が滅茶苦茶ヘタクソで、しどろもどろになります。

しかも、最初の就職の重要性について考えておらず、3社目でようやく内定を貰った後、即就職活動を止めてしまいます(アホ)。

 

ちなみに、その3社目の面接も、面接官2人が私の回答のしどろもどろっぷりに首をかしげているレベルの面接っぷりでした。

しかし、最後の方で緊張が解けて来たのか割と良い回答ができて、面接官も頷いていたのでそれで合格したのかなと思っています。

後は、応募者がほとんどいなかったのと、学歴が良い方向に働いたのでしょう。

 

そして、土日祝日がありほとんど定時で帰ることができ、高額というわけではありませんが年2回のボーナスを全額貯金に回せるくらいの給料がもらえる超絶ホワイト会社で働き始めることになります。

 

ネックだったのは常勤職員と謳ってはいるものの3年か5年と期間が定められていることと、なかなかの田舎だったことくらいでしょうか。有名なチェーン店がほとんど存在しないような場所でした。

 

しかし、必要なインフラはほとんど揃っていてそこまで不便はなく、逆に無駄にお金を遣わなくて済むので良いと思っていました。

それに、自分の知識や腕を頼ってくれる人達もいたので、人間関係にも恵まれていたと感じています。

 

ただ、居心地が良かったのが、自分にとって悪い方向にも動きます。もう期限が3年か5年と決まっていたのに、次の就職先への動き出しへと踏ん切りがなかなかつきませんでした。

結局だらだらと同じ会社に5年間居続ける。また就職(転職)面接の壁が大きく立ちはだかる

結果、望まれるまま5年間同じ会社に居続けてしまいました。就職してから4年目の終わりくらいに「このままでは不味い」と焦り始めます。

それで、何を思ったのか発声練習に通ってみたり、話し方講座を受講してみたりと迷走し始める時期が来ます。今思うと「どうせなら面接対策が出来る所に通えば?」という感じですけどね。それか、手当たり次第面接を受けて場慣れするかですよね。

しかし、当時は気づきませんでした。

 

そのような中、天使の囁きか悪魔の囁きか、職場関係の人から「○○ってところ、貴方の職種の人がいなくなるから困ってるんだって。紹介してあげるからそこで働いたら?」と声をかけられます。

しかも、「田舎だし、貴方も食べていけないと困るでしょうから、常勤(終身雇用)で雇うように私が推してあげる。給料も手取りで○○以上はないとね」ということでした。

 

わースゴイ!

 

地元から離れた良く知らない土地で、終身雇用で働いて大丈夫か?という疑問は勿論ありました。

しかし、面接に自信がなく「同じ職種のバリバリ働いて来た人と比べて、自分のやって来たことは面接で評価されるのか?」という臆病風に吹かれ、

紹介してもらえるという場所が興味のある領域でもあったので、新しくその会社に勤めることに決めたのでした。

今思えば、最初の顔合わせの頃からブラック臭が漂っていた会社に、そのまま入社してしまう

物事には良い面があれば、悪い面もあるなと本当に感じました。

 

人からの紹介ということで、志望動機を聞かれるような面接らしい面接もなく楽ではありました。

しかし、具体的な勤務時間が分からず、「他の人は大体こういう感じ(はっきりした時間は把握していない感を出している)だけど、貴方の職種を常勤で雇うのは始めてだから融通がきくかも」という調子で、書面形式で労働条件を出そうとしませんでした。

 

よく考えなくても、この時点でおかしいですよね。2トップが出てきているのに社員の勤務時間を正確に把握していないわけがないし、もし本当に把握していないのなら会社としておかしい。社員を管理できていない会社に入って良いことがあるわけありません。

実際は、シフトを組んでいる立場の人がいたので、単に隠していただけだったわけですが。

 

労働条件を書面で絶対もらっておいた方がよいと思い3回以上催促したのですが、のらりくらりとかわされ、書面をもらう前に働き始めることになったのでした。

今思うと、「書面形式で労働条件を出さないなら、この話はなかったことにしてください」と強気に出るべきでした。

それでも書面で労働条件を出せないような所なら就職すべきでなかったです。

祝日なし。休日が半分に分けられることあり(半休)、休日に実質出勤。夜勤が月4~5回。職場への拘束時間が長く、自宅と職場を行き来するだけの日々が1年以上続く

いざ会社に入ってみると、面接(顔合わせ)をしたツートップは揃って異動しており、新しいツートップは何事もなかったかのように、他の社員と同様のシフトを私にも組んでいました。勤務時間の融通をきかせるとかいう話はどこに行ったんだ…。しかも、他の社員と同様の仕事にプラスして、私の職種の仕事もしろという鬼畜っぷり。

 

本当はここで抗議するべきだったのでしょうが、面接をした2人はいないし、新しい2人に言っても「知らない」で終わりそうだなあと黙っていました。ここも、人が同じだろうが変わっていようが抗議すべきポイントでした。

 

「私の職種の仕事時間の方を増やしてくれ」とは何回か掛け合ったんですけどね。しかし、何かあるごとに私の専門の仕事の方は時間が削られ、他の社員と同様の業務(ある意味専門外)の方の時間に当てられてしまっていました。

 

まともに自分の本来の仕事は出来ず、ペースを乱されまくりだったと振り返っても思います。他の業務のオマケか自分の休憩時間に、自分の専門の仕事をするような日々が続きました。

 

しかも、祝日がない形での週休2日で、週休2日といっても時々半分休日になって4時間出勤するという実質出勤みたいな日もありました。

また、夜勤も月に4~5回あって、夜勤の時は最長で24時間続けて職場にいないといけず、最短でも18時間はずっと続けて職場に拘束されているという最悪な環境でした。

 

違法ブラック企業やんけ!ここ!

 

マジで、労基は来た時に一体何を見て帰っているんでしょう?

タイムカードは1回切ってるから騙されてるんですかね?それでも、「ここでタイムカードを切っていたら、夜に誰も社員がいないことになるからおかしい」と分かりそうなものなのですが。

 

おそらく、賄賂を渡しているか、後ろで話をつけてあるんでしょう。知らんけど。

 

夜勤以外の時も、朝早くに出勤して、昼に帰り(休憩時間)、夕方からまた出勤するというシフトになっていることが多く、1日中仕事をしているような感じでした。

昼に帰った時は、疲れて仮眠を取ることになるので、好きな本を読む時間もなかったのが地味にキツかったです。

田舎で、良い本屋がなかったのも私の不満に拍車をかけていました。

私を留めていた最後の糸が切れてしまう。背中を押す、とあるきっかけがあり転職を決意

それでも、職場の人間関係は悪くなく、自分の専門の仕事自体は喜ばれてやりがいがあったので、転職や退職は考えずに続けていました。

 

しかし、入社2年目に突入してから職場の人間関係が一変してしまいます。

私が入社した1年目はとても素晴らしかったチームリーダーがピリピリし出して

「私以外誰も仕事をしない。あれもこれも全部私がやっている!他の社員はあれも出来ていないし、これも出来ていない」

とチームの社員を責め始めるようになりました。本人に直接言うというよりは、他のチームの人に言う等、間接的な言い方が多かったように思います。

 

私と話している時は「○○さん(私の事)はやってくれているけど」と言ってはいましたが、私の事も基本的には含まれていたと考えるのが妥当でしょう。

確かに、そのチームリーダーはベテランで仕事の出来る人でしたが、そのチームリーダーには出来ないことがいくつかあって、その部分はチーム全員で補っていたんですけどね。

 

ただ、書いてきた通りの労働時間が滅茶苦茶のブラック会社なので、疲れと苛々がつのっていたんだというのは分かります。違法ブラック会社が全ての元凶です。ブラック企業を憎んで人を憎まず。

 

しかしながら、私の方がここで糸が切れてしまいました。夢から醒めたと言い換えても良いのですが。

 

「何やこの会社。頑張っても認められるわけでも感謝されるわけでもなく、出来ていない部分の揚げ足取りをされるだけ。働き続けて意味ある?」

 

と、初めて本格的に退職を意識したのでした。

とあるミニマリストの方の動画チャンネルでお勧めされていた動画を見て、退職&転職を決意

思えば、この時期ミニマリストの皆様の動画や本、片づけ動画や本をかなり見漁っていました。

 

片づいていく、整理されていく、綺麗になっていくということに惹かれていたのかもしれません。それだけ自分がぐちゃぐちゃだったということかもしれません。

 

それで、有名なミニマリストしぶさんの動画を勿論見ていたのですが、

当時しぶさんのチャンネルでは、お勧め動画か高く評価した動画の再生リストが公開されていて、しぶさんの動画を全部見終わったので何気なくそちらも見ていました。

 

すると、「【働き疲れた】仕事を辞めたいあなたへ DJ社長」という動画を見つけます。クリックすると、

 

「仕事を辞めようか悩んでいるあなたへ」とテロップが出て、それから

 

 

さっさと辞めろー!!

 

 

この台詞にもう度肝を抜かれまして(笑)

 

このDJ社長という方の元動画は消されているようなので(チャンネルがBANされて消えてしまったせい?)、後からアップロードされている動画を載せておきます。

www.youtube.com

 

いや本当に何から何まで正論ですね。

この世の中腐るほど仕事があるのに、そんなゴミみたいな会社でしか働けん、しかも辞めることも出来ないような自分のレベルの低さを実感した方がいいけん」に、まず視界が広がりました。

「別に会社って、今働いている会社だけでもないよな」と本当の意味で気づきます。

 

「私が途中でいなくなったら悪いかな…」という意識も、

べつに、人が足りてないの俺らのせいじゃないもんね。人事権俺らにないもんね。普通に会社のせいなのに、なんで俺らに責任押し付けてくるん?ってめちゃめちゃ思わん?

で、霧のように吹き飛びました(笑)

 

そういうわけで、影響されやすい私は退職を決意したわけでした。

ただちょっと、DJ社長の言葉は洗脳力が強すぎる気がするので、中和する動画も載せておきます。「仕事が嫌なら辞めればいい」に影響されて辞め続けた末路について考えさせられる動画です。2:51の会社面接部分から見れば言いたいことの内容は掴めます。

www.youtube.comこの人の動画は、他の動画も勉強になります。就職について、大学1年生の時から見ておくべき動画が沢山あります。

 

 

私は結局退職することにしましたが、やはり色々な意見を材料にして、最終的には自分の判断で決めるべきだと思います。

 

 

以上、自分の今までを振り返ることが出来て良かったと思っているギャクバリがお送りしました。就職面接から逃げ続けた結果が今という情けない現実なわけですが。

次回は、どう退職を切り出したかという話をします。「退職することを言い出しづらい…」という人は参考にどうぞ。